進行具合によった治療法

歯みがき

日本人の歯が抜ける要因の80%が歯周病だといわれています。歯周病は自覚症状がなく進行してしまうため、ほとんどの人が気付かずに生活しているのです。そんな歯周病を予防するためにも定期的に歯科へ足を運ぶことが理想的です。堺の歯科では歯周病になるとまず、プラークコントロールの方法を指導します。毎日の歯磨きで歯周病の元となるプラークを取り除くことが歯周病を治すための基礎なのです。自分でしっかり歯磨きを行ない、更に定期的なメンテナンスを歯科で行なうことで治療を効果的にすることができます。堺の歯科ではスケーリングという方法でプラークを除去します。これは先に刃の付いた器具であるスケーラーを使用します。そのスケーラーを歯茎や歯周ポケットに入れ、歯垢や歯石を取り除いていくのです。スケーラーを使用してすぐに血が出る場合はすでに歯周病の可能性があります。また、ルートプレーニングという方法も堺の歯科では行なわれています。これは先に刃が着いているキュレットを使います。スケーラーと同じように歯石や歯垢を除去し、さらに歯の根元を滑らかにする効果があるのです。堺の歯科では、歯周病が進行した場合に掻爬術を行なうこともあります。歯周ポケットが4ミリくらいの場合に使われる治療法です。麻酔を打ち、炎症している歯の周辺組織を掻き出して除去する方法です。他にも堺の歯科では切開して歯石を取り除く方法や抜歯をする方法など、歯周病の進行具合によって治療法が異なります。