削らずに治す治療法

家族

虫歯の治療にはいくつかの方法があります。食べ物を食べて歯磨きを怠ると虫歯になり歯を削られたという経験のある人も少なくないでしょう。虫歯の初期段階で歯を削る歯科もあれば、削らない歯科もあります。上石神井の歯科でも虫歯を削らないところがあります。なぜ削らないのかというと、歯が劣化する原因になるからです。劣化することで歯の寿命は短くなってしまいます。だから、初期段階の虫歯は削らずに、口の中の環境を改善することで再生を促すのです。上石神井の歯科では虫歯治療の前に唾液の検査を行なうことがあります。しっかり自分で歯磨きができているのになぜ虫歯になるのか、その原因を探るために必要な検査です。虫歯の深さを知るために上石神井の歯科ではレーザーが使われることもあります。レーザーでは歯を傷つけることなく進行の具合を確かめることができるのです。例えば、歯の表面では小さな虫歯であっても中で広がっている可能性があります。そういった虫歯を探すためにレーザーが有効なのです。そうやって深さを確認して削るべき虫歯なのかどうかを判断します。上石神井の歯科では色が白い初期の虫歯や深くない初期の虫歯は定期的に通院して様子を見ることで改善を促します。削るのは黒く広がっている虫歯や穴が空いてしまったときなのです。毎日の歯磨きと定期的なメンテナンスを行なうことで虫歯を予防することが大切です。削らずに虫歯を治すことで歯の寿命を延ばすことにも繋がるでしょう。