進行具合によった治療法

歯みがき

日本人の多くが抱えている歯周病には進行の具合に合わせた治療法があります。堺の歯科では初期の歯周病ならスケーリングで改善することができます。更に進行してしまった場合は切開や抜歯が必要になるのです。

目立たない矯正

女性

金属ブラケットの矯正には費用や時間がかかります。しかし、マウスピース矯正ならそれらを抑えることができるのです。ただ、歯並びによってはマウスピース矯正が難しい場合もあるので注意しましょう。

削らずに治す治療法

家族

虫歯の治療は削らなくてはいけないと思われがちです。しかし、初期であれば削らないこともあるのです。上石神井の歯科ではレーザーや検査で口内環境や虫歯の進行具合を見て判断します。

治療の期間は年単位

歯の模型と聴診器

歯の並びを綺麗に整える矯正には長い時間と多額の費用がかかります。なぜ長期間の治療が必要かというと骨の代謝を利用しているためなのです。骨は体と同じように代謝を行ないます。日々の代謝で骨は破壊され再生しているのです。この骨の代謝を利用して歯を動かすというのが一般的な矯正の方法です。矯正で歯に力を加え少しずつ動かしているのです。しかし、この骨の代謝で歯が動くのは一ヶ月で一ミリ程度です。早く動かしたいからといって余計に力を加えすぎると炎症を起こしたり、歯が動かなくなったり、いろいろなところにダメージを与えてしまうことにも繋がります。そのため、代謝に合わせてゆっくり確実に動かしたほうがいいのです。東京の矯正歯科には裏側矯正という矯正法があります。一般的な金属ブラケットは歯の表面に装置をつけますが、これは歯の裏側に装置がつけられます。そのため、目立たないというメリットがあるのです。この矯正方法の期間も金属ブラケットとあまり変わりません。約1年半から2年半は装置を付けて過ごさなくてはいけないのです。難しい矯正の場合は3年以上かかることもあります。東京の矯正歯科ではハーフリンガルという方法を選ぶこともできます。これは上下で矯正の方法を変えるやり方です。上の歯は目立ちやすいので裏側を希望し、下は気にならないので普通に矯正するというように選ぶことができます。これも基本的な矯正期間に変わりはありません。東京の矯正歯科では装置を外したあとも調整をするために通院が必要です。これを行なうことでしっかり歯を安定させることができるのです。東京で矯正する場合は治療とその後の期間を考えて、なるべく早めに始めるといいでしょう。